« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

昭和43年8月25日デビュー!B級GS、ザ・ポニーズ

Jpg24 1967年10月に結成されたGS。このデビュー曲はメンバーの作曲によるオリジナル・ナンバー。
メルヘンチックな他愛無い歌謡曲だったが、当時ヤマハの宣伝キャラに起用されたりデビュー曲が雑誌でも頻繁に紹介されていた効果もありオリコン65位を記録する小ヒットとなった。68年10月来日したモンキーズ日本公演の前座も務める。当時、初めて彼らをTVで観た時の印象は「なんと生ヌルイGS」。しかし何故か嫌いにもなれなかったGSだった。解散後、メンバーの原田正美は森田公一とトップギャランへ加入。

<つづきを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/53066264.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ザ・タイガース - 日本の青春 - ★「タローの日記」⑧ 1968.6~9

Julie34 「花の首飾り」「シーシーシー」と2曲連続首位を獲得。
日本人歌手初となる野外球場でのワンマン・ショーを開催、映画にも主演した。
名実ともにGS界ナンバー1、日本一の人気アイドルとなったザ・タイガース
メンバー5人の胸に思い思いの感情が育っていった。
人気は巨大なモンスター、時には心までも振りまわされる恐ろしい怪物・・・・・

<つづきを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/52847486.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ザ・タイガースの想い出 ⑨ - フジTV『夜のヒットスタジオ』 -

Julie36

引き続いて同じ歌番組続きという事で序でにもう一つ(笑)
長寿番組となる人気歌番組だった「夜のヒットスタジオ」から少しだけタイガースのお話を。
1968年(昭和43年)11月4日、芳村真理と前田武彦の司会で毎週月曜の夜10時という当時としてはかなり遅い時間帯で放送が始まったナマ歌番組「夜のヒットスタジオ」
GS全盛期でありながら、なかなかグループサウンズは出演できなかったという歌番組でありました。
ところが第1回放送開始から約1年が経った1969年10月20日、
やっとザ・タイガースが記念すべきGS第1号として出演となったのであります。
メンバー全員お揃いの真っ白のユニフォームで登場。演奏曲は「スマイル・フォー・ミー」でした。
この日の出演者はタイガースの他に水前寺清子、ザ・ピーナッツ、園まり、由紀さおり、青江三奈etc
ザ・タイガースの出演をキッカケにして、その後以降はブルーコメッツ、スパイダース、ワイルドワンズ、
テンプターズ、ヴィレッジ・シンガーズなど続々と人気GSが出演いたしました。・・・・・・・・
<つづきを読む>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「タローの日記」⑦ 1967.11~1968.5★ザ・タイガース -日本の青春-

Julie33
ザ・タイガースの人気が上昇中、奈良・あやめが池のショーで事故が起こる。
これを機会にGSは社会現象と化した。
GSブームが更に加速していく1968年、ザ・タイガースの人気は頂点を極めた。・・・・・
<つづきを読む>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »