芸能・アイドル

PYG登場!「夜のヒットスタジオ」(1971)

Blog0022

昭和46年「夜のヒットスタジオ」PYG出演

PYGとは、
解散した3つのGSから各2人の元メンバーが集まり、1971年2月に結成されたスーパーグループ。
メンバーは、
元タイガースから沢田研二と岸部修三(現・一徳)
元テンプターズから萩原健一と大口広司
元スパイダースから井上尭之と大野克夫の6人グループのロック・バンド。
人気GSスターの寄せ集めバンドと言われ、ロック・ファンから大いに顰蹙を買ったグループでした。・・・・・・・・・・・・・・・

<続きを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/62005418.html

☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和46年のジュリー「ドレミファ学園」

Blog0024

♪日テレ「ドレミファ学園」(1971.4~10)

PYG時代の1971(昭和46)年4月23日~10月15日までの半年間、
沢田研二がレギュラー出演していたバラエティー番組「ドレミファ学園」。
この番組は、毎週金曜の夜7:30から日本テレビで放送されました。

これ以前も、やはりタイガース末期時代のジュリーがレギュラー出演していた「紅白対抗・ドレミファ大作戦」という番組があり、70年10月30日~71年4月16日まで同じ曜日時間枠で放送されていました。
その後番組として始まったのが「ドレミファ学園」です。
ジュリーはタイガース時代からPYG時代までの足掛け1年間、
この時間枠にレギュラーとして出演しておりました。ジュリー・ファンにはどちらも懐かしい番組です。・・・・・・・・・・・・・・・
<続きを読む>
☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢田研二・62歳!

Blog0023

ライヴ音源♪「君だけに愛を/ジュリーwithD.T.B.W.B」(1977.5)

今日はジュリーの誕生日。
団塊の世代にあたる1948(昭和23)年6月25日生まれ。
あのジュリーが満62歳になりました。企業勤めなら既に退職している年齢。
18歳の時にザ・タイガースのメンバーとして芸能界にデビューしてから44年が経とうとしています。
ナツメロ歌手化せず、常に現役歌手として前向きな姿勢で走り続ける沢田研二。・・・・・・・

<続きを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/61992603.html

☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・ボルテイジ(1969)

Photo

『ザ・ボルテイジ事件』

GSブームが去った1969(昭和44)年秋、その事件は発覚した。
不良GS婦女暴行事件を内偵中だった警視庁少年二課は、その年の10月8日までに
4バンド、悪質犯3名を逮捕し、7名を取り調べた。
中でもグループ全員ヤリ玉に上がったのがザ・ボルテイジ。
落ち目のGSは、カゲで何をやらかしていたか!GSの恐るべき生態!などと報道された。・・・・・・・・・・

<続きを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/61556108.html

☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オックスLIVE音源♪「プリーズ・ミスターポストマン」(1969.4)

Blog0020_2

・・・・・その音源の中から、ショーケン張りの絶叫スタイルで歌う赤松愛のボーカル!
オックスのライヴ音源「プリーズ・ミスターポストマン」をどうぞ!・・・・

<続きを読む>(音源試聴できます)

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/61119118.html

☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・テンプターズのショーケン、ファンに叩かれる(1968)

19xx022

ザ・テンプタースの萩原健一が、ファンの女の子にホッペタをぶたれるというショッキングな事件が起こった。・・・・・・・・・・・

<記事の続きを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/60772683.html

☆昭和の名盤!アナログ日記☆(Yahooブログ)より引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・タイガース1972②◆森本太郎(タロー)

Blog0011

「よう、つまらん事でケンカしよったわ」

サリー そんなことあったなぁ。烏山の合宿生活は、ようケンカしおったから。よう覚えとらんわ。
タロー いつもかつみが登場してきていたなぁ。でも今思うと楽しい思い出になってるな。
オレは大阪の明月荘の時のことが印象に残っているけど。同じ合宿生活でも随分違うな。
サリー そうやなぁ。
タロー 東京へ来た頃は、ようメンバーでファンレターの数の競争したりしてたけど、やっぱり明月荘の頃の雰囲気とだいぶ違うわ。
サリー ピーの創価学会のことで中井(マネージャー)さんとミーティングしたことあったな。
タロー オレらで仏壇をなんとか始末してしまおうと、ファンから貰った千羽鶴の陰に隠してしまったり・・・。
サリー 上手く隠してしもうたと安心してたら、ピーの奴どう探しおったのかなぁ?。
タロー オレのいない時に、部屋中探し回ったんやろ。
サリー 翌日、仏壇の前にちょこんと座っていつものようにお経読んどったなぁ。
タロー ビックリしたな。
サリー しかし、よう考えてみるとピーって男は、なんでも熱中する奴やったな。
タロー さめるのも早いようやけど・・・。・・・・・・・・

<つづきを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/60363287.html

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ザ・タイガース1972①◆岸部一徳(サリー)

Blog0010

ザ・タイガース解散から約1年半経過した1972(昭和47)年の夏、
各メンバーたちの心境をインタビュー形式で纏め上げたものが一冊の本となり刊行された。
この記事は、その一部を転載したものであり、1972年当時に発表されたものである。

お互い若い仲間として生きてきたことについて?

サリー 人間の運命って、ほんまにわからんもんやと思う。
タイガースが解散になって1年半たってしまったけど、オレらのグループのめぐり合った時の事は忘られへん。
ピーが、オレのことを裏切られたって言うてるけど、なんかのきっかけでピーとオレらは、昔のようになるやないかって気がする。
タロー 今は冷静な気持ちになれんやろけど、僕らは結局一生別れる事できんのとちがうかな。
サリー 現に1年前に京都へ帰ってしまったけど、今は東京で勉強しとるし、いつかどこかで顔を合わせる事になるやろし・・・
タロー 単純に考えて、あいつは僕たちと昔からの付き合いがあるのに、何で一緒に辞めなかったっていうことやないか、
サリー 沢田のことを恨んでいるみたいな事を言うとったけど、ピーと沢田には、昔オレらと遊びまわっていた時代が無かったし、やっぱり沢田とオレたちとは、友だちであるということよりも、音楽の上での繋がりの方が強いさかいな。
タロー そうや。僕らの4人のグループは利害のない友だちやったからな。・・・・・・・

<続きを読む>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/60323144.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

瞳みのる<ピーの告白>★ザ・タイガース(1971)

呪いをこめて今タイガースの4年間を語ろう

<タイガース>という名前は、永遠に僕の心に残るだろう。
それは栄光の象徴であるとともに、青春のニガイ苦しみであった。

4年間の演奏生活を終え、“瞳みのる”から“人見豊”にかえったピーが、今ふりかえる。
あの激しいドラムのビートの内幕にあったドラマを・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/59728219.html

| | コメント (1) | トラックバック (1)

元オックス・夏夕介・・死去

Save0005_2 「愛と栄光の日々/夏夕介」

<音源を聴く>

http://blogs.yahoo.co.jp/music1960_70/59362090.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

映画・テレビ | 芸能・アイドル | 音楽